注文住宅のお役立ち情報がいっぱい!

当サイトは、注文住宅を建てる際には、会社探しや相談会に参加したりすることで後から失敗しない家作りを行える方法を知ることを目的にしています。
ローコストで建てることを希望する方がいれば、キッチンなどにこだわりを重視する場合もあり、施主により条件の違いは出ることも当然です。
契約の手順や支払額の内訳を把握する方法から調整を行う方法まで、全てにおいて完璧を求めることにより、念願のマイホームを購入できるようになります。

注文住宅はどこで相談?相談会や相談カウンターとは

注文住宅はどこで相談?相談会や相談カウンターとは 注文住宅を建てる際には、事前に相談をすることは必須条件です。
ネット上で希望エリアに対応するハウスメーカーや工務店で行っている相談会に参加をすることと共に、既に建てられている各社の住宅展示場も細かくチェックしなければ最適化を行うことができません。
注文住宅の場合は施主の要望により間取りや構造を決定するものですが、コスト削減を希望する方は、多くの会社で採用する住宅資材から選ぶ方法や、施主支給で安く工事を行ってもらう方法も効果的です。
こだわりのキッチンを望む方であれば、室内の配置により違いはあるものの、主流とされる対面式を選べば後悔することは少ないものではないでしょうか。
負担額の多い住宅ローンを組んでしまうと問題になるので、見積書を確認した上で削除できる場所や、安い住宅機器を選べるのであれば、ローコストを意識しながら決めていく方法で毎月の支払額を安定させられるので、頭金との兼ね合いも重要です。

注文住宅は自分で住むもよし、貸すもよし、活用は自由自在。

注文住宅は自分で住むもよし、貸すもよし、活用は自由自在。 注文住宅の最大のメリットは、建売住宅では出せない独自の味を出せることではないでしょうか。
つまり、自分自身で部屋の間取り等を決めることが出来るということです。
自分でこれから長きにわたって住む家の間取りをコントロールできるということはとても素晴らしいことなのです。
ですが、魅力はそれだけではありません。
例えば、自分で間取り等を決めて精魂込めて作り上げた注文住宅はもちろん自分で住むことが出来ます。
しかしその注文住宅を他人に貸すという活用方法もあるのです。
つまり大家になるということに当たります。
魅力的な注文住宅であれば、たとえ中古であったとしても入居者は比較的早く見つかる可能性が高まります。
このように注文住宅を設計する際には、土地活用として貸すこともできるのです。
ですから、人に貸した場合のことも考えた間取りにするようにしましょう。
1DKではなく1LDKにしてみたり、工夫が必要です。
さらに家ではなくそこに駐車場が付随されている場合には、駐車場のみを貸すという方法もあります。
そうすれば毎月定期的な地代収入を得ることが出来るのです。
このような活用方法がありますので、検討してみる価値はあるのではないでしょうか。

土地活用で悩んだら注文住宅を検討してみる

親から相続した土地を持て余している、先祖代々の土地を活かして別の事業を始めたい、節税対策のために土地活用するにはどうすればいいか、土地オーナーの中にはこんな悩みを抱えているケースも珍しくありません。そこで注目したいのが、空いた土地に注文住宅を建てること。土地所有者の住居はもちろん、アパートやマンションなどの集合住宅を建てて経営するのもよし、あるいは戸建て住宅をそのまま貸すのもよいでしょう。
いずれにせよ空いた土地をそのままにしておくのは、税制面や管理の上でもリスクが発生するので、できるだけ速やかに土地活用の選択肢を検討すべきです。この点、注文住宅をとりあえず建てることで、空き地によるリスクを極力回避することが可能になります。特に一口に土地といっても地理や地形あるいは経済や社会の環境など、土地を取り巻く環境はそれぞれ異なります。そのため土地ごとの特性をよく把握し、柔軟に対応するには、設計の自由度が高い注文住宅がベターと言えるでしょう。

理想的な注文住宅を追求するなら建築士選びが大切

これから自分たちの理想の住まいを、注文住宅で実現しようと考えている方もいることでしょう。
注文住宅の魅力は何といっても、設計の自由度が高いこと。土地を選ぶことから始まり、間取りやデザインあるいは設備に至るまで、住まいのあらゆる点を自分たちのニーズや希望に合わせて実現することが可能になります。とはいえ、家づくりには専門的な知識や技術そして豊富な経験など、素人の方では難しい側面が圧倒的に多いのが現実です。そのため実際にはプロの業者を頼るケースがほとんどと言えます。ただし一口に業者といっても有名なハウスメーカーの他、地域密着型の工務店や建築事務所など、様々なタイプがあります。特に建築事務所に依頼するならば、自分たちのニーズや希望に耳を傾けてくれる、相性のよい建築士を選ぶことが肝心です。その大切なポイントとしては、これまでの建築実績からデザイン等の傾向を見極めること。ナチュラルやモダンあるいはエレガントやトラディショナルなど、建築士ごとに得意な傾向がわかります。

注文住宅でアメリカンデザインを取り入れることにはメリットがあります

近年では注文住宅を建てる際に、輸入住宅を選ぶ人が非常に増えてきています。その一つに挙げられるものがアメリカンハウスと呼ばれるもので、様々なメリットがあります。
一番のメリットは、デザイン性に優れていることと言えるでしょう。代表的なものとしてアーリーアメリカンと呼ばれるものがありますが、それ以外ではフランスの田舎町をイメージするフレンチカントリー、総レンガタイル貼りのジョージアンなど多岐に渡ります。デザイン性に優れているだけではなく、流行にも左右されず、長く愛されるデザインが一つのメリットと言えます。
そして二つ目に挙げられることとしては、断熱性や気密性に優れていることです。しかしこれは日本の気候にそれほど適しているとは言えません。日本は湿度が高く、通気を良くしたり湿気対策を行うことにより、注文住宅に適用が可能となるでしょう。北アメリカの場合にはツーバイフォー工法と呼ばれるものが採用されていますが、これは耐震性に優れていることから、地震の多い日本にはピッタリです。

注文住宅で屋上テラスを設ける場合に推奨できる設備の数々

注文住宅を建てる際には、通常の傾斜付きの屋根を設置する方法ではなく、キューブタイプの住宅で屋上テラスを作る方も少なくはありません。この場合は完全に防水処理を施すことは当然ながら必須要件になるので、屋上付き住宅の建築に精通している工務店やハウスメーカーに依頼をすることで安心できます。
自由意志で決めることができる注文住宅はメリットが豊富ですが、屋上テラスを設ける場合は単にコンクリートで作られた屋根ではなく同時に設置すべき設備もあるので前もって理解をしておくと後から後悔しません。推奨できる設備は水道の蛇口や強風でも倒壊しない物置の設置、電気製品を使えるように屋外コンセントも設備にすると快適になります。後は完成後に人工芝生を敷く作業、耐水性に優れたタイルなどを敷く作業で家族でもペットでも遊べるスペースにすることができます。食事をするために、ガーデン用品として販売されている椅子やテーブルを完備したりとアレンジを加えることで充実した設備にすることができるのではないでしょうか。

災害に強い注文住宅を建てる際にチェックしたいポイント

近年の日本は、地震や大雨、猛暑などの災害が数多く発生しています。近い将来に大きな地震が来るということも心配されているので、これから注文住宅を建てるのであれば、災害に強い家を建てたいと思っている人は多いはずです。
このような場合には、まず最初に地盤の強さを見極めることが重要です。過去に発生した大震災の際には、地震の揺れで倒れた家具の下敷きになり、大きな怪我をしたり命を落とすケースが非常に多かったのです。家が倒壊しないことはもちろんですが、揺れにくくすることも重要だということがわかります。そもそも注文住宅を依頼するにあたり、自慢の強い土地を見極めることが重要ですのでその際には、国土交通省の重ねるハザードマップを活用するようにしましょう。
そして強い地盤を見つけることができたら、次に強い構造の住宅を建てることが重要です。特に地震に強い構造はシンプルな形であり、長方形のような家が強い形と言えるでしょう。反対に凹凸が多ければ、地震の力を均等に分散することができずに一箇所に集まってしまい、負荷がかかる可能性が考えられます。

注文住宅について詳しく知りたい

宮津市 注文住宅

新着情報

◎2022/4/15

情報を追加しました。


>土地活用で悩んだら注文住宅を検討してみる
>理想的な注文住宅を追求するなら建築士選びが大切
>注文住宅でアメリカンデザインを取り入れることにはメリットがあります
>注文住宅で屋上テラスを設ける場合に推奨できる設備の数々
>災害に強い注文住宅を建てる際にチェックしたいポイント

◎2022/01/14

サイト公開しました